注文住宅で可能なこと

注文住宅で可能なこと 自分の理想通りの家を設計できる注文住宅ですが、土地の特性や建築条件によっては思い通りにならないこともあります。例えば、間取りを自由に決めることは可能ですが、土地が狭すぎたり変形地だったりすると設計に制約が生じます。住む人の希望を全て叶えるのは難しいこともあります。ただし、狭い土地であっても工夫次第では快適に生活することができます。3階建ての家にしたり、階段下のデッドスペースを活用するなど工夫をすることで機能的な家が手に入ります。楽器が趣味の人がいる場合には防音室を設けたり、子供が落書きしても大丈夫な壁を設けるといったこともできます。
また、海外のリゾート地のような注文住宅を建てたいという人もいるでしょう。この場合、いくら注文住宅とはいっても全く海外と同じ家を建てるのは不可能です。気候や風土が違うので、全く同じ家を建てられたとしても日本の風土に馴染まないということがあります。湿気などの対策も必要になります。

注文住宅購入の予算のつなぎ融資とは?

注文住宅購入の予算のつなぎ融資とは? 注文住宅購入の予算は、「年収の6倍」が目安です。これはあくまで目安であり、家庭環境や住居人数などによって変わってきます。水道光熱費や食費などは必ずかかる費用ですが、お金持ちとそうでない人とでそれほど差がつきません。よって、年収が高い人のほうが自由に使えるお金が多く、少しくらい負担大きめのローンを組んだとしても返済不能になる可能性は低いです。年収が低い人は、水道光熱費や食費などの生活固定費の比率が高いので、余裕があるローンを組んでおかないとリスク高めです。子供の人数、子供の教育にどの程度お金をかけたいかなどによっても異なります。
注文住宅購入の予算の計算方法は、「年収の6倍(目安)+自己資金-諸費用」となります。注文住宅では着工金や中間金を自己資金から出さなくてはなりません。着工金や中間金が足りない場合にはつなぎ融資を利用するケースが多いです。その場合にはつなぎ融資の諸費用と利息もかかります。預貯金を全額頭金にあてることはおすすめできません。預貯金のうちどのくらいを頭金にあてるのか、しっかりと検討してください。

新着情報

◎2020/9/8

注文住宅にかかる費用と内訳
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

注文住宅で可能なこと
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「住宅 融資」
に関連するツイート
Twitter